母の抗がん剤治療

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a333

ひだまりや整体師の鈴木です。

 

昨年の10月、母がガンの手術を受けました。

大腸ガンです。

ステージⅢ。

 

転移があるかないかが問題でした。

 

大腸ガンの手術自体は何事もなく終わりました。

 

しかも母はもともと体力があるほうなので

すぐに退院することができました。

お医者さんに「うちの病院の退院最短記録ですよ!」

と言われてました(笑)

 

かなり大きな病院なので、相当早いほうなのでしょう。

 

さて、問題は転移です。

後日病理検査があり、結果が出ました。

 

 

結果は転移なし。(!)

 

 

 

とりあえず家族一同ホッとしました。

 

 

ところがここからが問題、、

 

 

抗がん剤をやることに

 

手術は無事終了、転移もなし、

なのに「抗がん剤をやりましょう」

と医師に勧められました。

 

正直、僕は反対でしたが

母はやることに決めていました。

 

「今後、ガンの再発が5%程度減る」

というのが抗がん剤をやる理由。

 

「いや、5%なんて生活習慣で気をつけろよ」

とも思いましたが、、^^;

 

そして抗がん剤治療が始まり、、。

 

案の定、だるさ、味覚障害、手足のしびれなど

抗がん剤の副作用が母を襲いました。

 

「味覚障害って抗がん剤が終われば治るんですか?」

と母が医師に聞くと

「数か月で戻る方もいれば、一生治らない方もいます」

という回答。

なんともいえない絶望感。

 

それでもなんとか半年間続けました。

 

抗がん剤終了後

徐々に母の体調は治ってきました。

数か月で味覚もだいたい戻りました。

ただ、手足のしびれは1年経った今でも残っています。

 

結果論かもしれませんが、

抗がん剤をやって

健康を奪われ、

仕事を奪われ、

手足のしびれが残り、

一般家庭には安くない治療費がかかり、、

何も良いことがありませんでした。

 

「もう二度と抗がん剤はやらないわ」

と母は言っています。

本音だと思います。

 

でも、過去にタイムスリップして

僕が母をいくら説得しても

絶対に医師の言う通りに抗がん剤を受けるでしょう(笑)

そりゃ子供よりお医者さんの言うこと聞きますよね^^

 

個人的な話で恐縮ですが

盲目的に医師の言うとおりに抗がん剤をやるのは

リスクがありますので

よーく考えてからやってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です