ひだまり通信11号 夏冷え対策

S__6783149

S__6783149

S__6783150

ご挨拶

夏本番!の気候になってきましたね。

ここのところ年々夏の暑さが厳しくなってきている気がするのは

私だけではないと思います。

一昔前は「夏はなるべくクーラーはつけないで自然に過ごすのが1番」

という考えでしたが最近は室内に居ても熱中症になったりと

昔の常識とは変わってきています。

クーラーとも上手に付き合っていきたいですね。

夏こそ冷える

連日うだるような暑さが続いている中、

「冷える」と言われても「え?」と思いますよね。

でも考えてみてください。

外こそ暑いですが最近は室内はどこでもエアコン。

暑いから冷たいものも食べますし、

ついつい入浴もシャワーですませがちになっていませんか?

これらの一つ一つが身体を冷やす行為です。

暑いので身体を冷やしたくなるのはわかりますが

現代人は「冷やしすぎ」の傾向があります。

冷やしすぎず、夏と上手くつきあいましょう!

夏冷え対策

①お風呂で温める

こういう「身体を温める」という話題で必ず登場する

「入浴する」ということ。

物理的に身体を温めるのはやはり効果的です。

疲労回復に効果があり、ぬるめのお風呂につかることで

寝つきも良くなります。

湯船につかるのが嫌、苦手という方は最低でも週に1回は

湯船につかってください。

ペパーミント系の入浴剤を入れるのもオススメです。

②部分的に温める

東洋医学では冷やしてはいけないと言われる箇所が3つあります。

それは「首・お腹・足首」です。

首を温めることで首周辺の血流が良くなり肩こりや首のこりからくる

自律神経の乱れを予防します。

お腹は内臓を冷やさないため、

足首を温めるのは下半身に流れた血流を温めることで

むくみ予防になります。

背中を温めると効果的な3つのこと

●背中を温めると全身が温まる

心臓から出た大動脈は背部を経由して腹部に到達するので

背中を温めると全身をめぐる血液が効果的に温まります。

●自律神経を整える

背中には自律神経があります。首や肩が冷えるとそこの筋肉が固まり

血流が悪くなります。血流が悪くなると自律神経の働きもにぶくなります。

●肩こりの軽減に役立つ

「凝り」は筋肉が固まって血流が悪くなることによっておこるといわれています。

背中、特に肩甲骨周辺を温めると上半身の「凝り」が軽減されます。

肩甲骨の上にある僧帽筋という大きな筋肉を温めることで

筋肉が柔らかくなり凝りが軽減されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です