お酒は飲んでも良い!?体、血管にやさしいアルコール摂取量

3a1dca9e1f73253a4fadbfba77d3f9d9_s

こんにちは、ひだまりや巣鴨店の鈴木です。

これから忘年会、新年会シーズンに突入していきますが

飲みすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

僕は昔からお酒に弱く、ビール一杯で十分酔えるので

たくさん飲める方がうらやましいです(笑)

お酒は体に良い

お酒は「百薬の長」と昔から言われてきました。

西洋では薬草で作られたリキュールが飲まれたり

東洋医学(漢方)でも血行促進などで利用されてきました。

適量と、効果の持続性に注意

お酒が体に良いというのは、当然適量を守っての話です。

お酒を薬にするか毒にするかは飲み方次第です。

お酒の代表的な効果は血管を拡張させることです。

血行が良くなり、血圧が下がります。

しかし、効果は一時的なもので、効果が切れると

反動で血圧が上昇することは覚えておきましょう。

醸造酒の糖分に注意

日本酒、ビール、ワインは糖分が多いので注意が必要です。

焼酎、ウイスキー、ブランデーは蒸留酒なので糖分は控えめです。

おつまみに注意

07db291c0421cf133d73a569baac9e67_s

お酒に合うおつまみは、どうしても塩分が高くなってしまいます。

酔ってくると食欲も抑えらず、食べ過ぎてしまいます。

また、居酒屋を出たあとにラーメンを食べてしまう人もいますよね。

(僕はほとんど飲まないのに付き合いでラーメン食べます^^;)

いくらお酒が百薬の長でも、結果的に飲まない人よりも

血管の状態が悪くなって、動脈硬化が進んでしまいます。

お酒の適量目安と糖質量

種類 分類 適量 糖質量(g/100g)
日本酒 醸造酒 1合程度
ビール 醸造酒 中ビン1本程度 3.1
白ワイン 醸造酒 グラス2杯程度
赤ワイン日本酒 醸造酒 グラス21合程度杯程度 1.5
焼酎 蒸留酒 1/2合弱程度
ウィスキー&ブランデー 蒸留酒 ダブル1杯程度

もちろん体質によりますので、個人個人で適量は異なります。

飲みすぎに気を付けて、お酒を楽しんでください。

アクセス

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-22-4ヴェッセル巣鴨1F
ひだまりや

JR山手線巣鴨駅徒歩7分、都営三田線巣鴨駅A3出口徒歩5分
巣鴨地蔵通り商店街内

TEL:03-5944-5609

受付:10:00~19:00 最終受付18:00(不定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です