毛細血管の働きが健康のカギ!「ゴースト血管」にもご注意を

883410

こんにちは、巣鴨のひだまりやです。

今日は毛細血管のお話です。

最近TVなどでも話題の毛細血管。・・・特に「ゴースト血管」という言葉を聞いたことはありますか?

「ゴースト血管」とは血が通わなくなって使われなくなった毛細血管がゴースト化して見えなくなってしまっている状態です。

毛細血管の状態を良好にしておくことは、健康における基本中の基本です。

毛細血管の役割

私たちの体には隅々まで血管が通っていて細部まで栄養を届け、老廃物を回収してくれています。

その大事な役割を担っているのは毛細血管です。

毛細血管は全身の血管の総量の99%を占めています。

そんな大事な毛細血管ですが、加齢や生活習慣病などで老化し、劣化してしまう場合があります。

毛細血管が衰えると血液の通り道が狭くなって血液が減少し、やがて完全に詰まってしまい、血液が通れなくなってしまいます。

そして、血液が流れなくなった血管はゴースト化して消えてしまいます。

毛細血管が消えてしまうと細胞同士の隙間が広がり、そこから水分や栄養素、老廃物がもれ出てしまい様々な体調不良や病気の原因になります。

毛細血管は老いていく

健康な状態であれば毛細血管は盛んに新陳代謝を繰り返して全体量が減ることはありません。

でも、一般に45歳前後から新陳代謝する力が衰えてしまい毛細血管の数は減少していき、60代になると4割も減ってしまうというデータもあります。

全血管の99%を占める毛細血管の4割がなくなってしまったら大変ですよね。

毛細血管が少なくなると、、

結果細胞や組織に酸素や栄養がいかなくなって老廃物の回収にも漏れが出てきてしまいます。

毛細血管が少なくなるとその先にある臓器の働きも弱くなり様々な不調の原因になります。

粘膜に影響

目や鼻、口や喉、胃や腸など体のいたるところにある粘膜に栄養を送っているのも毛細血管です。

粘膜は栄養素の吸収や粘液などの分泌のほか免疫性の働きも行っています。

毛細血管が健康な状態であれば粘膜の潤いは常に保たれていますが毛細血管が減少してゴースト化してしまうと粘膜への水分の補給が不十分になり乾燥してしまいます。

粘膜が潤いを失い、乾いてしまうと様々な不調が現れます。

目の粘膜が乾くとドライアイになったり、目やにがふえたり眼球が充血したりします。

鼻では鼻炎を起こしたり鼻血が出やすくなります。

胃では胃炎や胃のもたれ、腸では便秘や下痢、膀胱では膀胱炎などが引き起こされます。

また、鼻や喉の粘膜だけではなく、消化器官の粘膜もウィルスや病原菌の進入をガードしているのですが、この機能が落ちてしまうと万病のもとになります。

たかが毛細血管とあなどるなかれ。

毛細血管のゴースト化は様々な病気を引き起こす「未病」の状態です。

気になった方はお店の顕微鏡でも毛細血管を見ることができますので、チェックしにきてくださいね。

アクセス

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-22-4ヴェッセル巣鴨1F
ひだまりや

JR山手線巣鴨駅徒歩7分、都営三田線巣鴨駅A3出口徒歩5分
巣鴨地蔵通り商店街内

TEL:03-5944-5609

受付:10:00~19:00 最終受付18:00(不定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です